オメガ3脂肪酸を増えさせない|肥満の元凶

家族

動脈硬化を予防する成分

栄養補助食品

血流がサラサラになる効果

ガンや心臓病と並んで多い死亡原因が心筋梗塞や脳梗塞などです。これらを引き起こすのが動脈硬化です。動脈硬化は血液がドロドロになって血流が悪化することによって引き起こされます。血液がドロドロになるのは普段の食生活や運動不足などが原因です。肉類や脂っこい食べ物ばかりを食べていると、体内に余計な脂肪分が溜まって血液に流れ出してドロドロになるのです。運動によって脂肪は燃焼するのですが、運動不足によって血流の悪化はひどくなります。食べ物としては青魚に血液をサラサラにする効果があります。青魚にはEPAという成分が多く含まれているからです。青魚を毎日継続して食べるのは難しいでしょうが、EPAサプリメントであれば外出先でも気軽に飲めるので、継続しやすくなっています。EPAのサプリメントを日常的に服用していると、血液がサラサラになり脂肪が燃焼しやすくなって動脈硬化を防ぐことができます。

DHAと一緒に摂る効果

EPAはエイコサペンタエン酸という脂肪酸で、人間の体内で合成されにくい特徴があります。そのためサプリメントなどから摂取する必要があるのです。同じような特徴のサプリメントにDHAがあります。この成分も青魚に多く含まれており、EPAと一緒に摂取すると血管の健康をより強く守ることができます。サプリメントを選ぶ時はEPAだけでなく、DHAも一緒に含まれている製品を購入するとより健康に効果があります。DHAには脳の神経細胞を活性化する働きがあるので、アルツハイマー病にも効果があるといわれています。またコレステロールや中性脂肪の値を下げる働きがあるので、EPAと一緒に摂取することでより血液をサラサラにすることができます。サプリメントの成分表記をしっかりと確認して、両方がバランス良く配合されているものを選択するようにするのが望ましいでしょう。

Copyright © 2016 オメガ3脂肪酸を増えさせない|肥満の元凶 All Rights Reserved.